コンテンツへスキップ

ゴルフ場には様々なものが設置されています。初心者はそれら色々なポイントを押さえておかなくてはいけません。

ゴルフを邪魔する場所もあれば、得意とすればチャンスとなるようなポイントがあります。

それぞれ専門用語があるので覚えておきましょう。

まず、基本的なボールを打ち出すゴルフ最初の場所、これを「ティーインググラウンド」といいます。

そして、ゴルフをよく知らない人でも聞いたことがある「グリーン」というのは、ゴルフボールを落とす穴のことです。

ゴルフの最後となるゴールですね。

その中間にあるのが、芝で整備されて比較的にプレイしやすいゴルフ場のほとんどを占める場所が「フェアウェイ」です。

厄介なのが、その他の困難なポイントです。

フェアウェイの端やグリーンの奥などにある草木が生い茂って打ち出ししにくい「ラフ」。

砂場で足場が安定しない「バンカー」。

ボールが落ちると不利な状況でやり直しとなるを「池ポチャ」となる川や池などの「水場」。

こうしたものを抜け出すのがゴルフプレイの技術力となります。

その他にもコースによっては、コース独自の障害物が設置される場合もあります。

ゴルフコースを見極めてプレイすることが大切なのですね。