コンテンツへスキップ

ゴルフクラブのレンタルサービスで最も有名なのがDMMのレンタルサービスですね。

発送先住所はゴルフ場でゴルフ場に直接送ってくれて、ラウンド当日に変換というシステムになっています。

非常にシンプルで使いやすいです。

パソコンやスマホでラウンドするゴルフ場の住所を入力し、ラウンド日前日までにゴルフクラブをお届けし、終わったら返品という感じですね。

ゴルフ場によって対応しているところと対応していないところもありますので、対応していなかったら自宅対応ということになります。

ただ、ゴルフレンタルサービスの支払い方法はクレジットカードのみとなっており、破損による賠償などもあるので、そこはご注意が必要です。

それでも、インターネットだけで安値でゴルフクラブをレンタルできるというのは非常にメリットがありますね。

ゴルフクラブをレンタルするという方法はある意味で合理的です。

色々なゴルフクラブを選んで使えて、自分に合ったゴルフクラブを探すことができます。
実際にプレーする機会が多い人はゴルフクラブをレンタルして、色々なプレースタイルを見つけていって、自分なりのベストパフォーマンスをできるようにするというのは非常に良い手です。

ゴルフにおいてゴルフクラブは14本以内であれば、如何なる種類の幾らのゴルフクラブで勝負してもルール上、違反はありません。

しかし、ゴルフにおいて必須のゴルフクラブというものも存在します。また、持っておかなくては有利に動けないゴルフクラブもあります。

まずは必須ゴルフクラブ、「パター」です。

これはいわゆる「テレビを見ていてよく見かけるゴール近くでのろのろと慎重に打っているショット」に必須なゴルフクラブです。

それに特化したゴルフクラブであり、「パター」なしでは打ちづらいという単純な理由もありますが、そういうグリーン上では「パター以外はNG!」ゴルフ場もありますので、現実的に必須となります。

「サンドウェッジ」はアウトなドボンしたコースからボールを救い出すのに特化しており、「ドライバー」は1打目で遠距離を飛ばすのに必須なゴルフクラブです。

それを踏まえて、最低限必須なのは、以下の7つです。

・ドライバー

・7番アイアン

・8番アイアン

・9番アイアン

・サンドウェッジ

・ピッチングウェッジ

・パター

アイアンは調整が難しいので、色々な種類のものを揃えておいた方がいいでしょう。

ゴルフクラブはルールが広いですが、それを知ることによってよりプレーの品質度を高めることができます。