コンテンツへスキップ

初心者がまず躓く場面というのは周りとの技術差を埋めることですよね。

誰もが友達と一緒にゴルフを始めようという人ではありません。

逆にゴルフというのは腰などに負担なく行えるスポーツとして個人の判断で個人の時期で行うことが多いです。

そのため、ゴルフ初心者はゴルフ上級者に混ざってプレーしなければなりません。

そうなると、上級者にボロボロにされてそれで終わりという結果になりかねません。

ゴルフ初心者が周りと合わせるには、
・ゴルフ初心者のみに有利なルールを作る
・上級者に教えて貰いながら上達する
などの方法があります。

ゴルフ初心者でもミスショットを打ってしまった場合、それをやり直すなどの特別ルールを設けるなどするのもいいでしょう。

上級者にまずスイングの方法を見せて貰いながらしっかりとした知識を得てからプレーする。

そうした初心者でも周りと馴染めるゴルフ技術の向上を努めることが必要です。

何も考えずプレーしていると初心者ゴルファーはいつまでも経っても成長しません。感覚で覚えるというのにも限度があります。

環境を整える。

それがまず初心者ゴルファーのすることですね。

それで初心者ゴルファーでも技術を合わせてプレーすることができます。

ゴルフにおいてゴルフクラブは14本以内であれば、如何なる種類の幾らのゴルフクラブで勝負してもルール上、違反はありません。

しかし、ゴルフにおいて必須のゴルフクラブというものも存在します。また、持っておかなくては有利に動けないゴルフクラブもあります。

まずは必須ゴルフクラブ、「パター」です。

これはいわゆる「テレビを見ていてよく見かけるゴール近くでのろのろと慎重に打っているショット」に必須なゴルフクラブです。

それに特化したゴルフクラブであり、「パター」なしでは打ちづらいという単純な理由もありますが、そういうグリーン上では「パター以外はNG!」ゴルフ場もありますので、現実的に必須となります。

「サンドウェッジ」はアウトなドボンしたコースからボールを救い出すのに特化しており、「ドライバー」は1打目で遠距離を飛ばすのに必須なゴルフクラブです。

それを踏まえて、最低限必須なのは、以下の7つです。

・ドライバー

・7番アイアン

・8番アイアン

・9番アイアン

・サンドウェッジ

・ピッチングウェッジ

・パター

アイアンは調整が難しいので、色々な種類のものを揃えておいた方がいいでしょう。

ゴルフクラブはルールが広いですが、それを知ることによってよりプレーの品質度を高めることができます。