コンテンツへスキップ

日本のゴルフ場ってどんなものが多いの?

ゴルフコースにはそれぞれ分類があります。そこには三つに分ける分類があります。それは以下の三つです。

・「山岳コース」;山の中にあり操作が難しい。トリッキーな一面もあり、総距離も短い傾向。
・「林間コース」:森や林を開拓して作ったなだらかなコース。

・「丘陵コース」:山中にある。ただ、山岳コースよりも優しい。調整が難しい。

この三つがゴルフコースの基本です。

日本が最も使っているゴルフコースは、日本の立地条件が関係しています。

日本は山が多く、それを完全な平地にするのは難しいです。

そのため、「山岳コース」が日本ではポピュラーとなっていますね。

バブル絶頂期だった日本は、接待ゴルフに力を入れていました。

元々、ゴルフはお金持ちのスポーツだということもあり、お金が有り余っているバブル期には多くのゴルフ場が建設されました。

その中でも簡単な方法が山を開拓して簡単な方法でゴルフ場にするというものです。

これによって、「山岳コース」が日本の主流になりました。

プロゴルファーを目指すならまだしも、基本的な日本のゴルフを初心者が味わいたいならば、「山岳コース」から攻略しておくのが吉でしょう。

初心者にはゴルフコースの選択も大切です。