コンテンツへスキップ

「会社の付き合いでゴルフを始めた」という方もいらっしゃるかと思います。

でも、いざ、始めたのは良いけれども思っていたよりも難しい!

ゴルフのDVDを購入したりして頑張ってみたものの、あまり上達しなかった!

そんな方にオススメなのが「Web講座 ゴルフスイング物理学」です。

「Web講座 ゴルフスイング物理学」の良い所は、まずはDVDではなくネット動画を利用している点です。

これは、どこでもスマホで何度も動画をリピートして確認できるので非常に便利!

例えば、電車通勤している最中の手持無沙汰な時に「どれどれ、スイングのフォームでも確認してみるか!」とスマホで動画を見ながらお勉強できてしまいます。

空き時間を利用してチェックできるのもメリットですね。

それと、「Web講座 ゴルフスイング物理学」とは別に、「ゴルフスイング物理学」という書籍が販売されているのも嬉しいです。

この書籍は、テキストと言いますか、動画レッスンのガイドブック的な存在として利用できます。

「Web講座 ゴルフスイング物理学」は、ゴルフを物理学的に考えて誰にでも分かるように解説してあります。

書籍とWeb講座を上手に利用していけば効率的にゴルフのエッセンスが吸収できますよ!

ゴルフにおいて最も手軽なのがゴルフゲームです。

家で簡単にゴルフができるという代表的なゴルフプレイですね。

しかし、手軽にできるとはいえ、所詮はゲームという意識を持っている人も多いと思います。

ゴルフゲームはゴルフ技術向上に本当に効果があるのでしょうか?

スイングの感覚やゴルフ技術の肉体的感覚については確かにゴルフゲームでは体験できない実体験がなければ得られないものでしょう。

しかし、ゴルフというのは感覚によるプレーが大きいスポーツです。

様々な地形やゴルフによる飛距離などを計算するにはゴルフゲームはゴルフの実技において役に立つでしょう。

ゴルフゲームの最大のメリットはゴルフをほぼ0円で行えるということです。

日常的にゴルフゲームをしながら、定期的にゴルフ場に足を運んでその感覚をリアルで体験する。

そうすることで初心者でもゴルフを簡単に上達することができます。

ゴルフはテクニックのスポーツです。腕力も身体能力も関係ありません。

そのテクニックのイメージをしっかりと固めるという意味でゴルフゲームは実技に有効であると言えるでしょう。

頭の中でのイメージトレーニングと体を使うことによってゴルフプレイの技術を疑似的に向上させることができます。

初心者がまず躓く場面というのは周りとの技術差を埋めることですよね。

誰もが友達と一緒にゴルフを始めようという人ではありません。

逆にゴルフというのは腰などに負担なく行えるスポーツとして個人の判断で個人の時期で行うことが多いです。

そのため、ゴルフ初心者はゴルフ上級者に混ざってプレーしなければなりません。

そうなると、上級者にボロボロにされてそれで終わりという結果になりかねません。

ゴルフ初心者が周りと合わせるには、
・ゴルフ初心者のみに有利なルールを作る
・上級者に教えて貰いながら上達する
などの方法があります。

ゴルフ初心者でもミスショットを打ってしまった場合、それをやり直すなどの特別ルールを設けるなどするのもいいでしょう。

上級者にまずスイングの方法を見せて貰いながらしっかりとした知識を得てからプレーする。

そうした初心者でも周りと馴染めるゴルフ技術の向上を努めることが必要です。

何も考えずプレーしていると初心者ゴルファーはいつまでも経っても成長しません。感覚で覚えるというのにも限度があります。

環境を整える。

それがまず初心者ゴルファーのすることですね。

それで初心者ゴルファーでも技術を合わせてプレーすることができます。

芸能人で趣味の欄をゴルフとしている人は多いですよね。

周りに、「私はゴルフが趣味なんだ」と吹聴することは誰でもできます。

しかし、それでいざという時になったら、『まともにゴルフプレーができない』や『教えてくれるゴルフ技術がない』などしてしまったら誠に残念極まりないことです。

では、趣味でゴルフと豪語するには幾つの要点をまとめればいいでしょうか?

まず、以下のものが挙げられますね。

・ゴルフのルールを完全に覚えていること
・ゴルフ技術について中級レベルの能力を持っていること
・近場のゴルフ場について熟知していること

上記のものについてしっかりと把握していれば、「ゴルフを趣味」と豪語できるレベルになるには、まず、「100の壁」を超えるような技術にしましょう。

これは10年以内の経験しかない初心者のアマチュアゴルフの平均スコアが100程度であるからです。

ゴルフには年に数十回もやる人もいれば数回しかやらないという人まで幅広い層がいますので、実際には3割が「平均スコアが110前後」と答えており、4割以上が「平均スコアが100を切れていない」と答えているいうデータがあります。

趣味と豪語するにはまずはスコア100を維持できるようにしましょう。

ゴルフコースにはそれぞれ分類があります。そこには三つに分ける分類があります。それは以下の三つです。

・「山岳コース」;山の中にあり操作が難しい。トリッキーな一面もあり、総距離も短い傾向。
・「林間コース」:森や林を開拓して作ったなだらかなコース。

・「丘陵コース」:山中にある。ただ、山岳コースよりも優しい。調整が難しい。

この三つがゴルフコースの基本です。

日本が最も使っているゴルフコースは、日本の立地条件が関係しています。

日本は山が多く、それを完全な平地にするのは難しいです。

そのため、「山岳コース」が日本ではポピュラーとなっていますね。

バブル絶頂期だった日本は、接待ゴルフに力を入れていました。

元々、ゴルフはお金持ちのスポーツだということもあり、お金が有り余っているバブル期には多くのゴルフ場が建設されました。

その中でも簡単な方法が山を開拓して簡単な方法でゴルフ場にするというものです。

これによって、「山岳コース」が日本の主流になりました。

プロゴルファーを目指すならまだしも、基本的な日本のゴルフを初心者が味わいたいならば、「山岳コース」から攻略しておくのが吉でしょう。

初心者にはゴルフコースの選択も大切です。

ゴルフ場には様々なものが設置されています。初心者はそれら色々なポイントを押さえておかなくてはいけません。

ゴルフを邪魔する場所もあれば、得意とすればチャンスとなるようなポイントがあります。

それぞれ専門用語があるので覚えておきましょう。

まず、基本的なボールを打ち出すゴルフ最初の場所、これを「ティーインググラウンド」といいます。

そして、ゴルフをよく知らない人でも聞いたことがある「グリーン」というのは、ゴルフボールを落とす穴のことです。

ゴルフの最後となるゴールですね。

その中間にあるのが、芝で整備されて比較的にプレイしやすいゴルフ場のほとんどを占める場所が「フェアウェイ」です。

厄介なのが、その他の困難なポイントです。

フェアウェイの端やグリーンの奥などにある草木が生い茂って打ち出ししにくい「ラフ」。

砂場で足場が安定しない「バンカー」。

ボールが落ちると不利な状況でやり直しとなるを「池ポチャ」となる川や池などの「水場」。

こうしたものを抜け出すのがゴルフプレイの技術力となります。

その他にもコースによっては、コース独自の障害物が設置される場合もあります。

ゴルフコースを見極めてプレイすることが大切なのですね。

ゴルフクラブのレンタルサービスで最も有名なのがDMMのレンタルサービスですね。

発送先住所はゴルフ場でゴルフ場に直接送ってくれて、ラウンド当日に変換というシステムになっています。

非常にシンプルで使いやすいです。

パソコンやスマホでラウンドするゴルフ場の住所を入力し、ラウンド日前日までにゴルフクラブをお届けし、終わったら返品という感じですね。

ゴルフ場によって対応しているところと対応していないところもありますので、対応していなかったら自宅対応ということになります。

ただ、ゴルフレンタルサービスの支払い方法はクレジットカードのみとなっており、破損による賠償などもあるので、そこはご注意が必要です。

それでも、インターネットだけで安値でゴルフクラブをレンタルできるというのは非常にメリットがありますね。

ゴルフクラブをレンタルするという方法はある意味で合理的です。

色々なゴルフクラブを選んで使えて、自分に合ったゴルフクラブを探すことができます。
実際にプレーする機会が多い人はゴルフクラブをレンタルして、色々なプレースタイルを見つけていって、自分なりのベストパフォーマンスをできるようにするというのは非常に良い手です。